ブログトップ

Taduca's Stitching Journal

taduca.exblog.jp

刺繍と日々の記録です。

<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


f0055192_1712230.jpg
 "E Davies" , Threads of Gold

 約半分が終わりました。 
 ステッチをし忘れているところが何か所かあるのでそれを埋めたら上へとボーダーを伸ばしていきます。
[PR]
by ta-duca | 2013-05-30 17:41 | Samplers | Comments(0)
f0055192_1172962.jpg
"E Davies" , Threads of Gold
 ボーダーの中にサテン・ステッチの花があります(青い花)。 なかなかきれいに糸が揃わなくてう~ん…となるけれど、ボーダーの中にサテン・ステッチが入ることで見た目にも作業的にも調子の変化があって、なかなか良い感じで進んでいます。



f0055192_1112418.jpg
 ヤマアジサイが咲きました。 色が変化していくのが楽しみです。

 昨日はセイヨウニンジンボクの苗木をとうとう地植えしました。 とうとう、というのは買ったのは去年でしたが大きくなるというのでどこに植えるか迷って長いことポットのままにしておいたからなのですが、ようやく場所が決まって落ち着きました。いずれ青紫の花を部屋の窓から眺められて、西日も和らげてくれるであろう期待のポジションです。 今は40~50cm高で可愛らしいサイズだけど。

  こちらは今日 明日には 梅雨入り といっています。 雨が続くと庭に出なくなり見張り?を怠るこの時期にたいてい青虫にフクシアをがっつり食べられてしまいます。 中心の枝しか残さないその食べっぷりに驚いて今年は薬を撒いていますが、それでも油断ができない大物たちです。 雨が降ると人が来ないとわかっているのだろうかと家族に問うと、「いや、鳥が来ないからだろう」 と。 そうか。そうですね。 つい、戦っているのは自分だと思い込んでいました。
[PR]
by ta-duca | 2013-05-27 12:54 | Samplers | Comments(0)
f0055192_1831053.jpg

"E Davies" , Threads of Gold

  いつも始めやすいところからスタートする私ですが、一枚のサンプラーのなかで刺す順番というのはあるのかどうなのか、不勉強で知らないのです…

下半分を終わらせて上側へ進めていくことにしましたが、どうなのでしょう? 詩文やMottoなどが先なのでしょうか。
[PR]
by ta-duca | 2013-05-23 18:18 | Samplers | Comments(0)
f0055192_1220639.jpg

"Amethyst Collection Scissars Case and Pin Keep" Louise Henderson , Cherished Stitches
        布:Belfast Light Mocha (指定はLakeside Linen 36ct Woodsmoke)

f0055192_12141760.jpg


 あとはピンキープにコードを作って取り付けるだけ、というところで長く放置してしまいました。 昨日は雨のおかげで家の中で細切れ時間でできるあれこれをかたづけることができたので、その流れでこれもコードをささっと作ってようやく出来上がりです。 机の上も(少しだけ)すっきり。

 同じシリーズのソーイングバッグのチャートも入手したので作るのが楽しみです。
[PR]
by ta-duca | 2013-05-20 13:02 | Cherished Stitches | Comments(0)
f0055192_8181120.jpg
 前回花がついたのは2年か3年前だったような気がするシャクナゲ。

f0055192_8182498.jpg
 蕾の大きさが立派だったので期待していました。でも 咲いたのはこの2本だけ。 私が夏頃枝をばっさり伐ってしまっていたせいかも。

f0055192_8184872.jpg
 カラタネオガタマ。 これも去年素人の適当さでもって枝をかなりカットしたのですが、コンパクトにしたかったのにさらに大きくなってしまいました。その分、花は増えてそばで作業などしているとバナナケーキのような香りを漂わせて楽しませてくれます。 これに限らず今は開けた窓のそばに立つと、いったいどこから?と思う良い香りがしてきます。マルハナバチもエゴノキの周りで今年もにぎやかです。 
 

 この春はナンジャモンジャ、ユキヤナギ、エゴノキ、 と白い花がほぼ同時に楽しめました。 花木の白い花がたくさんなのを日暮れからやがて昏くなる時間帯に見ていると、不思議な感じにとらわれてちょっと怖いような、なんだろうこの迫力、なんて思います。 昼間は爽やかにそよそよと優しげですから、見ている者の感じ方に過ぎないとしても移り変わりがおもしろいと感じました。
 


  作りかけのサンプラーはここまで。
f0055192_8191143.jpg
Threads of Gold , "E.Davies"
[PR]
by ta-duca | 2013-05-14 09:17 | 日々 | Comments(0)
f0055192_9272754.jpg
"E Davies" , Threads of Gold
 進み具合はこの通りです。楽しいのだけど地味にこつこつ埋めていく部分が続いています。 



 連休中、陶器市を覘きました。
f0055192_9234513.jpg
 6、7年ぶりくらい?有田~上有田間をひたすら歩く!これはもう夕方の帰途でずいぶん人が減っていますがお昼の人出と言ったら!

 平日だったけれども開催期間中はやっぱり凄い賑わいです。 私たちはご飯のお茶碗を新しくしたかったのでこの機会にたくさん見て気に入ったのを、と出かけたのでした。 
 この翌々日にも 別の会場、有田焼卸団地へ。 駐車場に入るまでが既に長い列で、そういえば陶器市期間中にここへ来たのは初めてだったので、こんなにたいへんな混雑とは知らなかったのでした。

 市街の会場のほうでぐいっと引っ張られる焼き物がありましてまじまじと見つめていたら、「その絵付けは私です。」とおっしゃったのが思いもよらぬ若いかたで、私は素でびっくりしてしまい、えっという顔をしたとおもうのです。 失礼だったかもしれないですが、本当に驚いたのです。 どうこう説明することもできない素人ですので止めますが、お皿とその作り手を見てびっくりして感動するとか、いったいどういうことかと可笑しくもなったのでした。
 楽しかったですよ。歩き回って筋肉痛でしたが、よいお散歩でした。
[PR]
by ta-duca | 2013-05-08 09:22 | 日々 | Comments(0)
f0055192_9472467.jpg
"E Davies" , Threads of Gold

 Threads of Gold のリプロダクション サンプラーを作っています。 40 Count Newcastle Antique White に DMCを使っています。 チャートの表紙写真よりも明るい色合いになりそうです。 ただいまベタ刺しの部分なので楽ではあるけれども埋まるのに時間がかかるという…進めるのはわずかな時間ずつですが、動物が出てくる図案は楽しく、ボーダーも素敵です。

 2週間以上前に注文したWyndhamさんから「発送しました」メール。 どうなっているだろう?と思っていたところだったので安心しました。
 
[PR]
by ta-duca | 2013-05-02 11:07 | Samplers | Comments(0)